災害ごみの受け入れについて

ごみの分別の徹底と減量化にご協力をお願いします。

稲葉クリーンセンターでは、台風19 号における災害廃棄物について、被災した自治体での災害ごみの処理が課題となっていることから、可能な範囲で災害ごみの受入れに協力することとしました。
災害ごみの受入れにつきましては、通常のごみの受入れに支障のない範囲で計画して おりま すので、住民の皆様のご理解とご協力をお願いします。
ただ、稲葉クリーンセンターへのごみの搬入量が、計画よりも多い状況が続いており、処理能力にあまり余裕がない中での受入れとなります。
稲葉クリーンセンターへ搬入されているごみの中には、本来、資源として出していただくもの、焼却できないもの等の混入が目立っています。
住民の皆様におかれましては、ごみの排出にあたり、今一度、 分別方法をご確認いただき、ごみを正しく排出 していただきますようお願いいたします。
ごみを正しく出していただくことで、稲葉クリーンセンターへの搬入量が減少すれば焼却処理量に余裕ができますので、 より多 くの災害ごみを受入れることが可能 となります。
住民の皆様一人 ひとり の取り組みが、被災地への支援 につながって参りま
すので、ごみの分別・減量化にご協力いただきますようお願いいたします。

 

【災害ごみの受入内容】
〇受入量   100t ( 30t/ 月を上限)
〇受入期間 令和元年 12 月 1 日~令和 2 年 3 月 31 日 (予定)
*4月以降は、その時の状況により判断いたします 。

*災害ごみの受入については、被災自治体から連絡があった場合に実施します。